プロ野球、メジャーのカード収集ログ

野球カード収集歴20年。就職後、一時、休んでいましたが、最近再開しました。 高橋由伸さんがプロデビュー以来、カードを集めています。コンプリートは無理ですが、じっくりと収集するつもりです。 その他は、プロ野球を中心に雑多に集めています。 トレードは随時受付中ですので、お願いいたします。

2020年11月

ブラックフライデーの企画で、MINTモールでお楽しみ袋がいくつか販売していました。
そのなかで、少し興味がひかれたものを買ってみました。



キャプチャ


8パック+おまけサインで4000円。
入っているパックもなかなか良いかな?と考えて、買ってみました。






MOV_5768.00_03_44_19.静止画001


入っていたのは


2001 upper deck mvp
2013 topps update
2019 of the class
2020 bowman hobby
2020 fire
2020 allen&ginter
2020 minor heritage
2020 pro debut


では、開封!!













ということで、なかなか良い引きをできました。

DSC_5769


pro debutのパックから、
ロサンゼルス・エンゼルス、大谷翔平選手やマイク・トラウト選手の同僚、

Joe Adell

の50シリアルautoを引くことができました!


とても満足のいく結果でした!








ミント渋谷店さんで販売していたお楽しみ袋が気になっていたので、買ってみました。


キャプチャ


topps chrome jumboの未開封パック2パックに、
マグホ入り直筆サインカードのセットで5000円の商品です。

MINTさんでは現在、chrome jumboを1パック2800円で販売しておりますので、
価格的にはわりとお得な商品と感じました。




キャプチャ2



おまけの直筆サインのあたり枠はこのあたり。
albiesの2019clearlyはすでに所有しているため、一番ほしいのは、
ランディ・ジョンソン選手ですね。
40パックなのでかなりあたり枠厳しいと思いますが、チャレンジです。










結果です。


未開封パックから2枚直筆サインが出ました!!


DSC_5739



動画でも紹介した通り、

Logan Webb
ローガン・ウェブ

Tim Lopes
ティム・ロペス

の2選手でした。
Lopes選手は残念ながら2枚目……(トレード希望!)


おまけのマグホ入り直筆サインカードは、

Brandon NImmo
ブランドン・ニモ

推しのNYMの選手でかつ、このカードは初入手なのでうれしい。
55試合出場で打率.280、8本塁打。OPSは.888、oWARは1.7。
レギュラーとして及第点の活躍でしたでしょうか。
外野手としてはまだまだのようですが、23歳とまだ若く
来季以降の成長に期待ができそうです。


やっぱりパックからサインが出るのはうれしいですよね。
この商品はすでに売り切れているようですが、
また面白そうな商品が出たら、購入したいと思います。

久しぶりに箱を開けました。


DSC_5681




キャプチャ



2020 topps update jumbo

です。




★ ベース
 300種類でシーズン途中の大リーグ昇格新人や移籍選手、オールスターやホームランダービーのレジェンド、成績リーダー、チームメイトの名コンビ!
 パラレル 金:#/2020 虹ホイル:10パックに1枚 金ホイル:2パックに1枚
 ビンテージ紙料:#/99 独立記念日:#/76 黒:#/69
 母の日ホットピンク:#/50 父の日パウダー青:#/50
 メモリアルデイ迷彩:#/25 透明:#/10 (100名収録)
 プラチナ:1/1 印刷プレート:1/1 (4種類)
 ショートプリントとスーパーショートプリントも出現!

★ プロスペクトインサート
 新登場!各チームの#1プロスペクトの(マイナーリーグユニフォーム姿)初トップスカード!
 パラレル
  青:限定 黒:#/299 金:#/50 赤:#/10 プラチナ:1/1 オート:#/25以下(限定収録)

★ プロスペクトインサート
 Decade's Best
  2020 Topps シリーズ1とシリーズ2のインサートの再集弾。70年間を渡る最優秀チームや打者や投手や受賞者収録

 20 Years of the Captain
  新登場!Derek Jeterの20年間のキャリア
 A Numbers Game
  新登場!背番号をリタイヤされた選手
 上記3種類のパラレル
  青:限定生産  黒:#/299  金:#/50  赤:#/10  プラチナ:1/1 オート:#/25以下(限定収録)

 1985 Topps
  1985 Toppsの35周年デザインにルーキーやレジェンドや現役スター(4パックから1枚)
  パラレル⇒ 青:限定 黒:#/299 金:#/50 赤:#/10 プラチナ:1/1 オート:#/25以下(限定収録)

 スケッチカード
  ?? 1/1手書きイラストカード

 2020 Toppsボックスローダーパッチ
  2020 Toppsの名カード50種類のパッチバージョン

★ 記念レリック
 20 Years of the Captain
  新登場!Derek Jeterの20年間のキャリアを記念するパッチカード
  パラレル⇒ 黒:#/50 金:#/25 赤:#/10 プラチナ:1/1 オート:1/1

 Jeter's Final Season
  新登場!Derek Jeterと一緒に2014年シーズンを過ごしたチームメイトを記念するパッチカード
  パラレル⇒ 黒:#/50 金:#/25 赤:#/10 プラチナ:1/1 オート:#/25以下

★ 直筆サイン入りレリック
 Reverence
  直書きサインとユニフォームパッチ。 パラレル⇒ 赤:#/5 プラチナ:1/1

 Major League Material
  #/50以下。パラレル⇒ 赤:#/25以下 プラチナ:1/1

 All-Star Stitches
  2013 - 2019年オールスターゲームのウォームアップジャージのレリック。#/25以下。パラレル⇒ 赤:#/10以下 金:1/1

 All-Star Stitchesデュエル
  上記デュアルオートバージョン

 All-Star Stitchesトリプル
  上記トリプルオートバージョン

★ 直筆サイン
 Baseball Stars
  現役スター、レジェンド、ルーキー収録。パラレル⇒ 黒:#/199 金:#/50 赤:#/25 プラチナ:1/1

 Baseball Starsデュアル
  上記デュアルオートバージョン

 1985 Topps
  現役スター、引退選手、ルーキー収録。パラレル⇒ 黒:#/199 金:#/50 赤:#/25? プラチナ:1/1

 カットシグネチャー
  史上最高のMLB選手のカットシグネチャー。1/1

★ レリック
 Major League Material
  ゲームユーズドレリック。パラレル⇒ 黒:#/199  金:#/50  赤:#/25  プラチナ:1/1

 All-Star Stitches
  2013 - 2019年オールスターゲームのジム用ジャージのレリック。パラレル⇒ 銀:#/50 赤:#/25 金:1/1

 All-Star Stitchesジャンボパッチ
  #/5以下。パラレル⇒ 金:1/1

 All-Star Stitchesデュアル
  #/25

 All-Star Stitchesトリプル
  #/25

 Own the Name
  ネームプレートの1/1レリック。

★ シルバープロモパック継続!
 各ホビーボックスから1パック入手可能!各ジャンボボックスから2パック入手可能!
1985 Toppsデザインとクローム加工のMLBスター、ルーキー、レジェンド!シリアル入りオートとパラレルも出現!


例年であればもう少し、リーグ開催後の昇格ルーキーが入っているはずなのですが、
コロナによる短縮などの影響もあってか、封入RCは少ないよう。
目玉の一つとしては、RaysユニフォームのRandy Arozarenaですね。

値段が高騰しており、MINT系列店では18000円。
その他のお店では15000円前後となっています。












大きな当たりはございませんでした。

autoはこちら。

スクリーンショット (120)


カード自体はとても格好良いのですが、Rojas選手は別ブランドですでに所有しているんですよね。


relic1枚目。


スクリーンショット (123)


2017 allstar relic
Mooke Betts

ワールドシリーズでも大活躍したベッツの2017オールスターのレリック。



relic 2枚目。


スクリーンショット (124)


Derek Jeterの20年間のキャリアを記念するパッチカード。
チームメイトだったAlfonso Soriano選手です。
ソリアノ選手はカープアカデミー出身、メジャーで40-40を達成したすごい選手です。


その他、


スクリーンショット (125)


photo variation





スクリーンショット (121)


1枚は確保しておきたかった、arozarena。



たくさん開けられるのは、楽しいですね。







MLBもドジャースのワールドシリーズ制覇で異例のシーズンを閉じました。
レギュラー60試合という短いシーズンでしたが、多くの選手がデビューしました。

今年はMLBのカードをたくさん買いました。
そこで、ルーキーカード(RC)やプロスペクトの直筆サインカードを通し、
勉強を兼ねて、振り返ってみたいと思います。


パート1の打者編はこちらから。
入手したカードでMLBのルーキーを振り返る①打者編



Zac Gallen
ザック・ギャレン

DSC_5085

2020 topps stadium club


12試合に先発し、3勝2敗 2.75。
72イニングで82Kと奪三振力があります。
12試合のうち、9試合がQS(6イニング3失点以内)です。
4シームとカッターが投球の6割。
速球は150キロ前後とMLBの中では特別早いわけではないようですが、
制球力も良いですね。
好投した動画も貼り付けます。





個人的にはかなり好きなタイプの投手です。
スタクラの良いサインカードも入手できたし、来季に期待。



Jesús Luzardo
ヘスス・ルザード

DSC_5075

2020 topps gypsy queen

12試合に登板し、先発は9。
59イニングで被安打58とやや打たれ、防御率は4.32。
制球力はある投手なので、先発に定着してフルシーズン活躍できれば、
数字もついてくるように思います。










Adbert Alzolay
アドバード・アルゾレイ

DSC_5076


2020 topps series 1 1985 desigh


ベネズエラ出身の24歳。
2020年シーズンは6試合登板、4試合に先発。
21イニングで防御率は2.95。




Adrián Morejón
エイドリアン・モレホン

DSC_5067

2020 panini chronicles spectra auto relic /199


2020年シーズンは9試合登板、4先発で2勝2敗。
ポストシーズンでも登板しましたが、炎上してしまいました。
20歳でまだまだ若いので、これからでしょうか。










Patrick Sandoval
パトリック・サンドバル

DSC_5066

2020 panini spectra auto relic

9試合6先発、1勝5敗。
36イニングで被安打37、HR10本と、なかなか厳しい数字となりました。






Rico Garcia
リコ・ガルシア

DSC_5080

2020 panini chronicle spectra auto relic


2020年は12試合に登板し、1勝1敗。
メジャー初勝利を手にしたようです。
せっかく良いパッチを手にしたので、活躍してほしいな~



José Urquidy
ホセ・ウーキディ

DSC_5077

2020 topps opening day opening act /99


ケガ?で出遅れていたようですが、
5試合で1勝1敗防御率2.73。5試合中4試合でQSを記録しました。
opening dayは、安い分、箱でサイン確定ではないため、
かなりレアなサインといえます。当てた分、来シーズンは頑張ってほしいです。
この動画見ると、とても良い球を投げてますよね。










ミシェル・バエズ

DSC_5074

2020 donruss


キューバ出身の右腕。
2020年シーズンは3試合しか登板できず、防御率も7.71。
24試合に登板した2019年シーズンに比較すると、かなり厳しい結果となりました。
サインがギュッと寄っているのが印象的。


Jordan Yamamoto
ジョーダン・ヤマモト

DSC_5088

2020 topps stadium club

日経の選手ということで、国内でも関心の高かった彼ですが、
残念な数字に……。
個人的には、アトランタブレーブス戦で大炎上した印象が残りました。
推し選手のOzzie Albiesが大爆発したので、うれしくはあったのですが。








Alex Young
アレックス・ヤング

DSC_5091

2020 topps stadium club

15試合に登板、先発は7試合。2勝4敗。
2019年シーズンに比較すると、成績を落としてしまいました。

ご本人のインタビュー映像が見つかりましたので。















Dylan Cease
ディラン・シース

DSC_5094

2020 topps stadium club

2020年シーズンは12試合に先発し、5勝4敗。
9月以降は6回を投げ切れずに降板していました。(戦略?)
58イニングで34四球(リーグ最多)は多すぎます。
制球難を克服しないと、厳しそうですね。
カードは、スプラッシュシーンで、とても良いです。












Travis Lakins
トラビス・ラーキンス

DSC_5095

2020 topps chrome /250

写真はボストンですが、2020年シーズンはボルチモアオリオールズに移籍しています。
リリーバーとして役割を果たしました。
太ペンの力強い筆致にひかれています。



Josh Staumont
ジョシュ・ストーモント

DSC_5100

2020 topps stadium club

26試合に登板したリリーバー。
5試合連続無失点を記録するなど、安定した投球をみせてくれた模様。
シンカーとカーブが投球の大部分を占めるようです。
興味深い。
カードのカッコよさでシングル買いしました。








いかがでしたでしょうか。
カードを通じて、選手のことを知る、というのも、コレクションの楽しみだと思います。





↑このページのトップヘ